募集要項

本財団は半世紀以上にわたり鼻アレルギーの研究の発展に尽力した日本医科大学奥田稔名誉教授が私財を投じ2016年に設立された財団であります。花粉症をはじめ関連のアレルギー、免疫学の独創的なレベルの高い研究業績に対し毎年学術賞を贈呈し、この領域の進歩、発展に資するものであります。

2020年奥田記念花粉症学等学術顕彰財団学術賞募集要項

花粉症学等のアトピー性アレルギー病に関連して、特にアレルギー学、免疫学の研究の奨励、促進のため、臨床につながる独創的なレベルの高い研究成果を表彰しています。
今年度も以下の要項で顕彰候補者を募集します。

1. 応募資格

応募時継続5年以上の現役の研究者で、筆頭著者の主論文があれば、居住の内外、年齢、国籍、経歴、所属学会、所属機関、役職、専攻領域、推薦者の有無を問いません。
同一論文での他の学会賞などとの併願での応募できません。

2. 応募研究課題

アレルギー、免疫学領域で臨床応用可能な基礎研究、臨床的研究を歓迎します。
また本年は好酸球、免疫療法、花粉症を要望課題としますが、自由課題と選考上の差別はしません。

3.応募期間

2021年1月1日より2021年3月13日(期日厳守)

4.応募手続き

所定の申請書(ホームペイジからダウンロード)に略歴、研究歴、研究業績リスト1部、応募主要論文、副論文(3編以内)、応募の理由それぞれ3部(2部はコピー可)を期日内に本会宛て書留で郵送下さい。
これらは審査後返却しません。

個人情報の取り扱いにつきましては、審査後破棄します。

5. 選考

理事会が応募研究に適した複数の審査員の推薦を有識者に依頼し、推薦された人のなかより審査員を選出し、審査員が授賞候補者を選考し、最終的に理事会で決定します。
2021年4月頃、決定し通知の予定です。

6. 受賞

原則年一件、賞状と副賞100万円を贈呈します。賞金の使途は学術研究に限りますが、内容は受賞者に任されます。授賞はしかるべく広報します。

応募先

  • 奥田記念花粉症学等学学術顕彰財団学術賞事務局
    大久保公裕
    なお財団に関しましてはホームページをご確認ください。
  • 〒113-8603
    東京都文京区千駄木1-1-5
    日本医科大学耳鼻咽喉科教室内
  • Fax:03-3815-3023
  • Mail:ent-kimi@nms.ac.jp
  • URL:https://okuda-award.org

2021年1月4日         財団理事長  大久保 公裕