財団法人代表 大久保 公裕 が取材を受けました

目次

概略

いよいよ花粉症シーズンに突入する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で類似症状を示す花粉症の見極めは非常に難しいが、医療者が留意しておくべきことは何だろうかー。この状況に先駆け、花粉症治療の第一人者である大久保 公裕氏(日本医科大学大学院医学系研究科頭頸部感覚器科学分野 教授)と、日本感染症学会理事長で政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会メンバーでもある舘田 一博氏(東邦大学医学部微生物・感染者学講座 教授)による意見交換会が2010年10月に実施された(主催:ノバルティス)。

記事のリンク(CareNet)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる