新型コロナウイルス感染症の時代の花粉症診療

大久保公裕、保富宗城、川名明彦、館田一博
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会、日本感染症学会

目次

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、I型アレルギー疾患で、発作反復性のくしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を3主張とする疾患と定義される。なかでも、花粉症はアレルギー素因を持つ人が、アレルギー反応の原因となる様々な花粉アレルゲンに反応し、ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されることで発症する。
スギ花粉症は、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、そしてスギによる全身のアレルギー反応の症候群である。2019年の有病率調査ではスギ花粉症は38.8%であった。同じ調査方法で1998年は16.2%、2008年が26.5%であることを考えると大きく有病率が上昇している。この20年で10歳代は2.5倍、10歳以下だと20年で4倍にも増加していた国民病とも呼ばれる疾患である。
現在の新型コロナウイルス感染症(coronavirus disease 2019: COVID-19)の流行期においても、特に日本ではスギ花粉症と新型コロナウイルス感染症の鑑別を行い、そして十分なスギ花粉症治療を行うことで、「スギ花粉症ゼロ」を目指した抑制効果(ゼロレベルの症状抑制効果)が求められる。
ここでは、アレルギー性鼻炎の代表的疾患であり、本邦において罹患頻度の極めて高いスギ花粉症を中心に、新型コロナウイルス感染症流行期における花粉症・鼻アレルギー診療における要点を示す。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴うスギ花粉症診療における注意点

1. 新型コロナウイルス感染症とスギ花粉症の鑑別:くしゃみ、鼻汁などの症状の違いについて

  • 1.1 スギ花粉症では、初期症状として嗅覚障害・味覚障害は起こりにくいとされる。(新型コロナウイルス感染症における嗅覚障害・味覚障害の頻度は、それぞれ53%と44%とされる。)
  • 1.2 スギ花粉症では、新型コロナウイルス感染症の有症状者に特徴的な発熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛)、頭痛、倦怠感などの症状を病初期より呈することは少ない。また、スギ花粉症では、新型コロナウイルス感染症の10%未満に認められる下痢や嘔吐などの消化器症状は呈しない。
  • 1.3 スギ花粉症では、目のかゆみや連発するくしゃみなど、また鼻汁や鼻閉が生じるが、新型コロナウイルス感染症では、これらの症状の発生頻度は低い。
  • 1.4 スギ花粉症では、発症が季節性でありスギ花粉の飛散時期と飛散量に影響を受ける。新型コロナウイルス感染症は、14日以内の潜伏期があり、はであり、多くの症例ではウイルスへの曝露から5日程度の後に発症する。

2. スギ花粉の飛散対策:スギ花粉飛散は、新型コロナ感染が増大する可能性のあるまだ寒い2月~4月から生じる。

  • 2.1 新型コロナウイルス感染症の拡大予防には、適切な換気・外気の取り込み・空気の入れ替えが重要である:密室での空気の循環は感染クラスターを生む危険性がある。
  • 2.2 スギ花粉症では、スギ花粉飛散期に窓などを開けておくことで、スギ花粉がより室内に侵入しやすくなり、スギ花粉症を発症しやすくなるという弊害も生じる。
  • 2.3 換気については、HEPAフィルターを介した室内の循環換気、スギ花粉の侵入を予防する花粉防御フィルターを通した換気を考慮する必要がある。
  • 2.4 スギ花粉も新型コロナウイルスも大きさこそ違え微粒子で、乾燥により余計に拡散しやすくなる。このため室内においては加湿の重要性も見逃せない。

3. 飛沫対策をどうするか:「くしゃみ」が、新型コロナウイルスのエアロゾル化を誘発させる可能性があること。

  • 3.1「くしゃみ」は、スギ花粉症(アレルギー性鼻炎)が症状を呈する際の引き金となる最初のスイッチのような反射反応である。
  • 3.2「くしゃみ」は、上皮直下のヒスタミンH1受容体を介した反応であり、抗ヒスタミン薬により減少させることができる可能性がある。
  • 3.3「くしゃみ」による飛沫・エアロゾル化は、マスクの使用により抑制することが可能である。しかし、飲食等や長時間の接触においては、マスクを使用した場合でも「くしゃみ」回数の増加により新型コロナウイルスに暴露されやすく、濃厚接触者では感染しやすい危険性をはらんでいることに注意すべきである。

4. 感染防御対策をどうするか1:鼻をかむとき、目のかゆい時など直接ウイルス付着の可能性のある顔を触ることへの注意

  • 4.1 新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こるため、手指消毒は重要な感染防御対策となる。
  • 4.2 スギ花粉症では、目のかゆみは必発の症状である。「目がかゆいので擦る」という行為は、日常において何気なくされる行為であるが、新型コロナウイルスの侵入門戸の一つである結膜へのウイルスの付着を誘発する可能が生じる。花粉症対策の眼鏡などを使用することで、スギ花粉とウイルス飛沫の両方を避ける事、抗アレルギー点眼薬による十分な治療を行うことが必要である。
  • 4.3 スギ花粉症では、「鼻をかむ」という行為も、日常において頻回に行われる。「鼻をかむ」にはマスクを外さねばならず、また顔を触る可能性も高く、手指により新型コロナウイルスの侵入門戸となる鼻腔・口腔の近くを触ることは感染の危険性を高める。日常生活において、手指消毒重要性を意識することが肝要となる。

5. 感染防御対策をどうするか2:ソーシャルディスタンスを取れない場所でのエチケット

  • 5.1 新型コロナウイルスへの感染防御対策では、飛沫を吸い込まないように人との距離を確保(ソーシャルディスタンス)するなどのエチケットが重要となる。
  • 5.2 新型コロナウイルス感染症の流行する社会において、満員電車や人混みの中でのくしゃみ(頻度は少ないが咳症状も含まれる)などの飛沫を誘発するスギ花粉症に随伴する症状を、いかに許容していくかは大きな社会的課題である。これらのスギ花粉症の症状は反射反応でもあり、自身で容易に止めることは出来ない。気管支喘息患者では、日本アレルギー協会からの「喘息バッチ」などを付けている方も見受けられる。
  • 5.3 スギ花粉症では、くしゃみ回数を出来る限り抑えるため十分な治療と花粉症対策を行うことが大切である。一方、スギ花粉症は本邦においては有病率も高く、花粉症症状を有する患者が、症状を呈している場合も受け入れられる社会倫理を共有することも重要である。

6. スギ花粉症があっても、新型コロナウイルス感染症の重症化の危険因子にはならないこと

  • 6.1 スギ花粉症のような呼吸器アレルギーが、新型コロナウイルス感染症の重症化の危険因子にならないことが海外の報告でも明らかにされている。
  • 6.2 スギ花粉症に対しては、十分な治療を行うことで、くしゃみや鼻汁などの症状を抑え、新型コロナウイルス感染症の無症候感染者であった場合においても、他者に感染させない事が重要である。
  • 6.3 スギ花粉症に対しては、十分な治療を行うことで、鼻や目のかゆみ、皮膚のかゆみを抑え、自身により新型コロナウイルス感染症の接触感染を抑えることも重要である。

7. アレルゲン免疫療法における注意点:アレルゲン免疫療法施行中のスギ花粉症患者が新型コロナウイルスに感染した場合にはアレルゲン免疫療法を一時中断すること

  • 7.1 新型コロナウイルス感染症は初期には生じないが、重症化の要因として免疫不均衡のサイトカインストームが生じると考えられている。ウイルスとの免疫反応を十分に行わせるためには無害であるスギ花粉との免疫反応調節である舌下免疫療法を含むアレルゲン免疫療法は感染症が収まるまで中断すべきという見解が国際的に示されている。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる